電験3種 合格法

MENU

電験3種の問題は難しいですか?〜Q&A〜

電験3種にはどんな試験問題がでて、それは難しいのですか?
電験3種は毎年、計算問題が多く出ています。

 

その出題数は、計算が6割で、文章問題が4割ぐらいです。

 

難易度を考えると、計算問題に重点をおいた学習法をとるのがいいですね。

 

電験3種は択一式で、文章問題はそれほど難しい問題ではありません。

 

しかし計算問題は正確に公式を覚え、それを使いこなせないと合格するのが難しそうです。

 

ここらが苦手で合格率10%以下という結果がでているのでしょう。

 

はじめての受験だと、経験がなく、両方に必死になってしまい、学習時間の配分がよくなくて両方とも中途半端になる傾向があります。

 

電験3種の問題の傾向から、ひとつの方法として、計算問題に力を入れ、文章問題は1ヶ月くらい前から目を通す程度の学習方法をとる。

 

という方法などて勉強したほうが、どうも合格率は高くなります。

 

出題される範囲が広いので、頻度の高い項目のテキストを学習することで、正解の精度は徐々にでも上がってくるものです。

 

だからコツを知らず、まじめにガムシャラに勉強をしても、不合格!

 

落ち込みますね・・・

 

これは、効率が悪くなり電験3種が非常に難しいものになってしまいます。

 

短期間で電験3種に合格する方法を知るなら、実際に合格した人からおしえてもらうのが一番!です。

 

特に、数学が苦手と思っているひとは、特に苦労しますからね。

 

周りにいい先輩がいないなら、当サイトでご紹介している第三種電気主任技術者試験の体験者が書いた教材を参考にするのはいかがですか?

 

 

 

 

 

FAQのトップに戻る

 

 

 

関連ページ

勉強時間はどれくらいで受かりますか?
「どれくらいの勉強時間で電験3種に受かりますか?」第三種電気主任技術者試験の教材に関するよくある質問Q&Aページです。
ネットで教材を購入するのは不安です
「この電験3種の教材は、いわゆる情報商材ですよね。一般書籍と違いネットでの購入は不安になります。」第三種電気主任技術者試験に関するよくある質問Q&Aページです。